FC2ブログ

何故、あがるのか?(その1)

人は何故、あがるのでしょうか?

幼い子供は、人前であがることはないようです。
子供は周囲や他人の目を気にすることなく行動します。もちろん子供らしい欲心はあるでしょうが、その言動は大人が驚くほど、堂々とあっけらかんとしたものです。
やがて成長するにつれて、自我が確立し、「自分が周りからどう思われるか?」「嫌われたくない」「失敗したくない」という思いが強くなっていきます。こうした思いが、緊張やアガリに繋がるのです。

多くの場合、目標を達成できた、他者から好感をもたれた等々の満足感・達成感から、同じ局面ではあがらなくなったり、あがってもさして気にならなくなっていきます。もちろん、必ずしも全てがうまくいくわけではないでしょうが、ダメでも失敗しても、それをマイナスイメージとして引き摺らず、経験を積む・場数を踏むことによって慣れていきます。

しかし、何度同じ状況に直面しても一向に慣れない、むしろアガリ度が増す、異なる局面でもあがってしまうようになる、など良化しないことがあります。心理的、身体的(医学的)、さまざまな要因が上げられています。
スポンサーサイト



テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

あがり症について

人と話すとき、あるいは(大勢の)人前に出ると、恥ずかしさを覚え、赤面したり声や手足が震えてしまう。大事な商談・プレゼン、テストや試合になると、緊張してお腹の調子が悪くなってしまう。

そのような状態になっても最後までやり遂げることができる。同じ状況・場に立つことへの恐怖心をもつことなく、何度でも臨むことができる。このような人は、言ってみれば単なる「恥ずかしがり屋の性格・性分」、つまり「あがり性」ということです。
「あがり性」は、日常生活を大きく阻害するような影響はなく、年齢・経験を重ねることによって次第に慣れて、やがて気にならなくなります。

しかし、同じ読み仮名でも「あがり症」ということになると事情が違います。
・不安や恐怖心が消えない
・同じ状況・場に立つことを避ける、逃げ出す
・より強い身体的症状(赤面、ふるえ、吐き気など)が出続ける
・過去の失敗や苦い経験が頭から離れず嫌な気持ちになる
こういった状況から、人前に出ることができなくなったり、日常生活に支障を来たすようになる、所謂「社会不安障害(SAD)」につながる兆候(もしくはその症状)ということで、「あがり症」は、心身からのSOSと言えます。

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

あがり症・マイナス思考克服実践
人生を変える4つの克服法
あがり症を克服したい、人生を変えたい、という方に、4つの克服法をご紹介します。 あなたに合う克服法が見つかれば幸いです
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロが伝授するあがり症克服法
あなたは、あがり症の悩みが深いほど、あがり症は治りにくいと思っていませんか? 実は、あがり症は正しい克服方法さえ実践すればカンタンに治ってしまうのです。
あがり症克服プログラム
あがり症は、緊張・失敗・反省・不安増加の悪循環による滞在意識のストレス蓄積の結果。 あがり症を解消するためには、滞在意識に溜まったストレスを取り除くことが必要。
あがり症克服マニュアル
緊張しないために...... あがらないための話し方の秘訣は..... 短時間であがり症が克服できる.....
RSSリンクの表示
リンク
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking